石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

スポンサーリンク

安芸高田市の市長・石丸伸二さんが東京都知事選に出馬することがわかり、ネット上でかなり話題になっています。

実は前職が三菱UFJに勤務していたという銀行マンだった石丸伸二さん。

三菱UFJ時代はどんな役職についていたんでしょう?

また、なぜ三菱UFJを志望したのかが気になりますし、噂ではかなりの出世コースに乗っていたようなので年収もどれくらいあったのかが気になります!

三菱UFJのエリートだったにもかかわらず、そのキャリアを捨てて小さな街の市長になった理由も気になるので徹底的に調べてみました。

この記事ではこんなことがわかります。

  • 石丸伸二の三菱UFJ時代の役職や経歴
  • 石丸伸二が三菱UFJを志望した理由
  • 石丸伸二の三菱UFJ時代の年収
  • 石丸伸二が三菱UFJを辞めて市長になった理由
    目次

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

     

    石丸伸二さんは三菱UFJ銀行で勤めていた時代は、経済を分析・予測する専門家(アナリスト)として活躍しました。

    石丸伸二さんは大学卒業後に三菱UFJ銀行の姫路支店に入行します。

    法人営業として勤めた後、エリートコースといわれる企画部や金融市場部に配属されて為替アナリストとして活躍します。

    2014年には三菱UFJ銀行の米国子会社・MUFGユニオンバンクに出向。

    石丸伸二さんは初代ニューヨーク駐在としてアメリカに赴任し、約4年半の赴任期間でアメリカ大陸の9か国25都市で仕事をしました。

     

    三菱UFJ銀行に在籍したのは2006年4月~2020年7月31日までの約14年3カ月です。

     

    2006年、同大学経済学部卒業後、三菱東京UFJ銀行に入行。姫路支店に配属。2014年、為替アナリストとして三菱東京UFJ銀行子会社MUFGユニオンバンク初代ニューヨーク駐在として赴任し、以後は4年半にわたってアメリカ大陸の主要9か国25都市で活動。2020年7月、同行を退職。

    引用:wikipediaより 石丸伸二

     

    石丸伸二の三菱UFJ時代の経歴

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

     

    石丸伸二さんの三菱UFJ時代の経歴はこちらです。

    • 2006年4月:三菱UFJ銀行 姫路支店に入行、法人営業担当につく
    • 2008年:企画部・金融市場部に配属
    • 2014年4月:三菱UFJ銀行の米国子会社・MUFGユニオンバンクに出向
    • 2018年:日本に帰国、シニアアナリストとして従事
    • 2020年7月31日:三菱UFJ銀行を退職

     

    石丸伸二さんは京都大学を卒業後、三菱UFJ銀行姫路支店に入行します。

     

    三菱UFJ銀行姫路支店

    住所:〒670-0924 兵庫県姫路市紺屋町45

     

    石丸伸二さんの最初の配属は法人営業を担当でした。

    その後、2008年に銀行では”エリートコース”といわれている企画部・金融市場部に配属になります。

     

    企画部は銀行の予算・決算管理を行う部署。つまり、銀行の中でも中心的な部署でもあります。そのため三菱UFJ銀行クラスのメガバンクだと相当優秀でないと配属されないんだとか!

     

    石丸伸二さんは経済を分析・予測する専門家(アナリスト)として日本・中国・アメリカ・韓国・中南米の政治・経済・市場担当をしました。

    経営計画や債券投資戦略を考案する為替アナリストとして、セミナー講演なども行っていたそうですよ!

    さすが京都大学卒の石丸伸二さん!三菱UFJ時代はエリートコースに乗っていたんですね!

    石丸伸二さんは2014年4月に、三菱UFJ銀行の米国子会社である『MUFGユニオンバンク』に初代ニューヨーク駐在として出向。

    4年半の間にはアメリカ大陸の9か国25都市で仕事をしました。

    NY駐在為替アナリスト時代はアメリカ大陸各地で講演会活動を行っていたことがわかっています。

     

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

    引用:在パナマ日本国大使館2015年資料より

     

    ニューヨークは金融市場の最先端の場所なので、銀行員の海外赴任先としては超出世コースといっても間違いないですね!ちなみに石丸伸二さんはニューヨーク在住の頃、キックボードで通勤していたというオシャレな一面も!

    その後石丸伸二さんは4年半の駐在任務を終え、2018年ごろに日本に帰国します。

    帰国後はシニアアナリストとして仕事に従事します。

     

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

    引用:三菱UFJ銀行より 

     

    そして2020年7月31日、地元の広島県安芸高田市長選に出馬するために約14年間務めた三菱UFJを退職しました。

     

    石丸伸二の三菱UFJの仕事は激務だった

    石丸伸二さんは三菱UFJ銀行のころを振り返るとかなりの激務をこなしていたと明かしています。

    特にニューヨーク駐在時代の業務はかなり過酷だったそうで、「体力的にきつくてそろそろ死ぬかと思った」と話しています。

     

    石丸伸二さんはニューヨーク駐在時代のネームプレートを今も大切に使われています。

     

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

     

    現在の安芸高田市の市長職も相当な激務だと思われますが、ネームプレートを見ながら当時のことを振り返ると「まだ頑張れる!」と前向きになれるんだそうですよ!

     

    三菱UFJ銀行ほどのメガバンクとなると相当コンプライアンスにも厳しそうで、精神的にも体力的にも大変そうですよね。

    石丸伸二さんは日本の三菱UFJ勤務時代も仕事が大変だったことをXに投稿しています。

     

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

    引用:石丸伸二公式Xより

    ちなみに、石丸伸二さんは超激務の中でも1年に1度は必ず実家に帰省するようにしていたそうです。

    石丸伸二さんの家族想いな様子が伝わってきますね。

     

    \石丸伸二さんの家族情報はこちら/

    スポンサーリンク

    石丸伸二が三菱UFJを志望した動機は?

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

     

    石丸伸二さんが三菱UFJを志望した動機は詳しくはわかっていません。

     

    石丸伸二さんは大学時代に『京都大道芸倶楽部 Juggling Donuts』に所属していて、セミプロの大道芸人として活動していた過去があります。

    「大学卒業後は就職するか大道芸人になるか本気で悩んでいた」とインタビューで明かしています!

     

     

    大道芸人になるか就職するか迷っていたくらいなので、特に三菱UFJに強いこだわりがあって志望した感じではなさそうですね。

    実家の両親が登場しているけど、結婚して妻がいるのか彼女の有無とかも気になります!
    スポンサーリンク

    石丸伸二の三菱UFJ時代の画像

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

     

    石丸伸二の三菱UFJ時代の画像はこちらです。

    為替アナリストっぽくメガネをかけていて、今よりもお堅い印象な感じですね!

     

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

     

    石丸伸二の三菱UFJ銀行時代

     

    スポンサーリンク

    石丸伸二の三菱UFJ時代の年収は?

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

     

    石丸伸二さんの三菱UFJ銀行に勤めている時代の年収は1200万円以上の可能性が高いと考えます。

    三菱UFJ銀行のアナリストの年収を調べたところ、700万円~1200万円という情報が見つかりました。

     

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

    引用:日経転職版より

     

    石丸伸二さんは為替アナリストという役職で初代ニューヨーク駐在という経歴があります。

    実績を加味すれば年収最高額の1200万円を得ていた可能性は十分にあり得ますし、もしかしたらそれ以上に得ていた可能性もありそうですよね!

     

    ちなみに、現在の石丸伸二さんが務める安芸高田市長の給料は月収は86万円です。

    ボーナスも考えると年収は1500万円ほどではないかと考えられるので、三菱UFJ時代と比較してもおそらく年収はそれほど変わっていなさそうです。

     

    スポンサーリンク

    石丸伸二はなぜ三菱UFJを辞めて市長になった?

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

     

    石丸伸二さんは三菱UFJ銀行の中でも出世街道に乗っていた超エリートです。

    それにもかかわらずなぜ地方の小さな市(安芸高田市)の市長になったのか調べたところ、小さい頃から「市長になる」という夢があり、大人になってからは「地元に恩返ししたい」という気持ちがあったからです。

     

    小さい頃から市長になりたいって凄い少年ですね!また、それを実現しちゃうのも凄すぎる!

    石丸伸二さんが三菱UFJのニューヨーク駐在から帰国して少し経った頃、2020年3月に河井克行・案里夫妻の公職選挙法違反が発覚し、地元の安芸高田市の市長も関与していたことがわかりました。

    当時の安芸高田市長・児玉浩さんは責任を取って辞任を表明。

    しかし、その後任を決める市長選には、児玉浩さんが後を託した副市長・竹本峰昭さんしか立候補がいないという状況でした。

     

    この地元の動きを報道でみた石丸伸二さんは、

    「また同じことが繰り返される」

    「このままではだめだ」

    と考え、今こそ地元に恩返しをする時が来たと決意!

     

    報道の翌日(7月8日)には三菱UFJに退職願を提出しています。

     

    忘れもしません。2020年7月。テレビを見ていると、生まれ故郷の広島県安芸高田市がニュースになっていました。いわゆる河井夫妻選挙違反事件*で前市長が辞職し、次期市長に立候補したのは前市長が後を託したという当時の副市長だけ。あれほどの事件があったのに、選挙も行われず、副市長が市長へ繰り上がれば、まちは変わらないままだと強い危機感を抱きました

    他の誰もやらないなら、自分がやるしかない。これが自分の使命のように感じました。

    いずれは地元に恩返しをしたいと思っていたので、すぐに覚悟は決まりました

    引用:AMBIより 安芸高田市・石丸伸二市長インタビュー

     

    行動力半端ないですね!エリートキャリアをあっさり捨てるとか凄すぎる!

     

    1カ月しかなかった選挙活動期間で、ましてや全くの政治素人の37歳の若者。

    石丸伸二さんにとっては超逆境ともいえる市長選チャレンジでしたが、結果は当時の現職副市長を圧倒する60%の得票率で見事に当選を果たしました!

     

    候補者名 年齢 得票 得票率
    石丸伸二 37歳 8076票 60.18%
    竹本峰昭 66歳 5344票 39.82%

     

    石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!

     

    きっと”三菱UFJの為替アナリスト”という超お堅い職業や役職が信頼につながったことは間違いないでしょう!

    スポンサーリンク

    【まとめ】石丸伸二の三菱UFJ時代役職はアナリスト!

    今回は「石丸伸二の三菱UFJ時代の役職はアナリスト!NY駐在のエリート経歴がすごい!」と題してお送りしました。

    • 石丸伸二の三菱UFJ時代の役職、姫路支店に入行して法人営業担当につく。その後企画部・金融市場部に配属。
    • 2014年4月に三菱UFJ銀行の米国子会社・MUFGユニオンバンクに出向(約4年半)
    • 日本に帰国後はシニアアナリストとして従事し、2020年7月31日に安芸高田h市の市長選挙に出馬するために三菱UFJ銀行を退職

      安芸高田市の市長に2期目には出馬せず、もっと大きな舞台の東京都知事選にチャレンジしようと決意した石丸伸二さん。

      三菱UFJの為替アナリストの役職で海外赴任までしている超エリートの実績で、ぜひ都知事選では相手候補を圧倒して頑張ってもらいたいですね!

      スポンサーリンク
      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!

      この記事を書いた人

      スポンサーリンク

      コメント

      コメントする

      目次