【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

スポンサーリンク

外務大臣の上川陽子さんが失言により注目されていますね。

上川陽子さんといえば3回の法務大臣経験がある超エリート政治家ですが、こんなにすごい経歴ということは実家両親が政治家というような2代目、3代目の世襲議員なのでしょうか?

もし家系図などがあれば見てみたいですよね!

また、結婚した夫や将来の上川陽子さんの跡継ぎになる可能性がある子供についても気になります。

また上川陽子さんは一部ネット上で「政界のフィクサー・笹川良一の娘」との噂もありますが、真相はいかに…?

この記事ではこんなことがわかります

  • 上川陽子の家系図
  • 上川陽子の家族構成
  • 上川陽子の実家家族について
  • 上川陽子の父親は笹川良一という噂について
目次

上川陽子の家系図は?

【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

上川陽子さんの家系図はこちらです。

  • 父親
  • 母親
  • 夫(上川卓苗)
  • 子供(上川真希、上川悠希)
    スポンサーリンク

    上川陽子の夫は東大同級生

    【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

     

    上川陽子さんが結婚した夫は東京大学の同級生で、元日本銀行に勤めていた上川卓苗さんです。

     

    名前 上川卓苗(かわかみ たくなえ)
    年齢 68~9歳
    学歴 高校:ラ・サール高校
    大学:東京大学教養学部
    職業 無職(元日本銀行勤務)
    職歴 日本銀行 福井事務所長→水戸事務所長(2020年に退職)

     

     

    上川陽子の夫は学歴・経歴がすごい

    上川陽子さんの夫・卓苗さんは鹿児島県の名門私立ラ・サール高校(偏差値75)出身です。

    東京大学には現役合格で入学し、上川陽子さんとは東京大学時代の同級生(東京大学教養部)でした。

    上川陽子さんは2浪して東大に入っているので、上川陽子さんは夫よりも2歳年上の可能性が考えられますね!

     

    上川陽子さんの夫・卓苗さんは大学卒業後は日本銀行に入行。

    福井事務所長や水戸事務所長を歴任され、2020年に退職しています。

     

    2020年に上川陽子さんが開いた講演会には夫・卓苗さんが個人で寄付をされていることが政治資金報告書から明らかに。

     

    【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

    引用:上川陽子の収支報告書より

     

    職業欄が「無職」になってるので、現在上川陽子さんの夫は仕事はせずに悠々自適な生活を送っているのではないでしょうか。

     

    上川陽子の夫は政治家になりたかった

    実は上川陽子さんの夫・卓苗さんも政治家を志していた時期がありました。

    上川卓苗さんは安倍晋三元首相が父親の秘書を務めている時代から開催していた『晋三会』という会の初期メンバーだったことが確認されています。

     

    「晋ちゃん(安倍晋三元総理)が、まだ父親の晋太郎さん(元外相)の秘書だった時代に、晋ちゃんを囲む『晋三会』というのをやっていたんです。その初期メンバーが夫の卓苗君。彼は鹿児島の名門私立ラ・サール高校から東大に現役で進んだ経歴の持ち主で、実に優秀な男でした」

    引用:週刊新潮より 上川陽子の夫・卓苗氏

     

    ただ、上川陽子さんの夫・卓苗さんは「彼女の方が私よりもチャンスがあるから」と、上川陽子さんが政治家になる道を後押しします。

    上川陽子さんの夫は「女性も社会の中で自分の持ち味を生かす世界を持つべきだ」と考えていたため、きっと自分よりも上川陽子さんの方が政治家に向いていると思ったのでしょうね!

     

    上川陽子さんは夫や家族のサポートもあり、40歳で衆議院に初当選します。

    その後上川陽子さんは当選回数7回で法務大臣5回と外務大臣1回、そのほかにも様々な政府要職を歴任されているとてつもない経歴を歩んできました。

     

    夫・卓苗さんの「彼女(上川陽子)の方が私よりもチャンスがある」という先見の目は間違っていなかったと証明していますね!
    スポンサーリンク

    上川陽子の子供は娘が2人

    【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

     

    上川陽子さんと夫・卓苗さんには子供が2人いて、2人とも娘さんです。

    長女は上川真希さん、次女は上川悠希さんといいます。

     

    上川陽子の子供:長女(上川真希)

    【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

     

    上川陽子さんの娘で長女は上川真希さんです。

    上川陽子さんの長女は1980年生まれの43歳で、アメリカの大学院を卒業した後に海外援助機関に勤務しています。

    長女が生まれた頃は上川陽子さんは三菱総合研究所にで研究員を務めていたので、育児と仕事の両立はかなり大変だったことを明かしています。

     

    上の子のときには会社に勤めていて、育児時間というのもなかった。1時間とか30分とか授乳時間というのはあったんだけれども、結局それを取ることができなかったのね。仕事も残業で忙しかったし。だから、わりと無理しちゃった。

    引用:上川陽子公式サイトより

     

    上川陽子さんの政治活動を幼い頃から手伝ってきた長女は政治に興味を持ち、母親の上川陽子さんと同じようにアメリカの大学院に進学して国際関係論を学びます。

    帰国後は海外援助機関に勤務しているとの情報があり、おそらくJICA(独立行政法人国際協力機構)ではないかと推測します。

    上川陽子の子供:次女(上川悠希)

    【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

     

    上川陽子さんの娘で次女は上川悠希さんです。

    1991年生まれの32歳なので長女とは11歳の年の差があり、静岡県の上川陽子さんの実家で育ちます。

    1991年といえば上川陽子さんが三菱総合研究所からハーバード大学院に留学し、上院議員マックス・ボーカス氏の政策スタッフを務めて帰国した直後ですね。

    バリバリのキャリア女子の中でも2人の子供を育てていたなんて本当にすごいですね!

     

    上川陽子さんは長女と次女の子供の育て方には違いがあり、それはアメリカ留学の経験が生かされていたと語っています。

    肩ひじを張らない「アバウトな子育て」が仕事と育児の両立の鍵で、選挙地盤の静岡県と東京を行ったり来たりする上川陽子さんの背中を見て次女の娘さんは育ちます。

     

    下の子については、もうアバウトもいいところ。それでも子どもは育つし、むしろ型とかルールとかいうのを一切取りはずして、この時期はこうしなきゃいけないとか、頭で考えた子育てでなくて、スキンシップというか、その子がくっついてきたら受け止めてやる。本当に本能の部分でできるだけたくさんかかわりたいなという感じですね。

    引用:上川陽子公式サイトより

     

    次女は小さい頃は母親のことが大好きな甘えん坊さんで、選挙遊説には上川陽子さんの夫・卓苗さんと一緒についてきて大きな声で応援したりしたそうですよ。

    二女の悠希は九六年の選挙では五歳で、夫がこぐ自転車の前カゴにすっぽりと納まり、ちっちゃい手を力いっぱい振って「がんばれ、がんばれ一」と応援していた。小学四年生になった前回も、自転車の後ろに乗って声を枯らしながら遊説に付いてきた。

    引用:上川陽子公式サイトより

     

    また大きくなってからは、政治家の母親を誇っている様子が上川陽子さんのブログに綴られています。

     

    秋の社会科見学の行程に国会が入り、「議事堂にいてね」と約束させられた。私のことが誇らしいのかなと思うと、いとおしくなる。

    引用:上川陽子公式サイトより

    スポンサーリンク

    上川陽子は実家両親も政治家の世襲議員?

    【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

     

    上川陽子さんの実家は静岡県駿河区大谷にあります。

    上川陽子さんは「実家両親は政治家なのか?」「世襲議員なのか?」という声がありますが、上川陽子さんの実家の両親は政治家ではありません。

    上川陽子さんの父親は日本電信電話公社(現NTT)の職員をされていた方で、母親は日本電信電話公社の電話交換手の仕事に就いていました。

    旧姓は竹田さんといい、2歳年上のお兄さんがいます。

     

    ちなみに上川陽子さんの父親については笹川財団の笹川理さん説がありますが、事実ではありません。

     

    上川陽子の実家は静岡県駿河区大谷

    【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

     

    上川陽子さんの実家は静岡県駿河区大谷にあります。

     

     

    上川陽子さんは実家がある静岡県を選挙地盤の地域(静岡1区)としているので、東京と静岡県の2拠点を活動の場としています。

     

    両親と同居している理由はおそらく実家両親の介護なども考えられます。

    ちなみに、上川陽子さんは夫の上川卓苗さんとは東京の小平市鈴木町で暮らしています。

     

     

    上川陽子の両親は日本電信電話公社に勤めていた

    【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

     

    上川陽子さんの両親については「政治家なの?」「世襲議員名の?」との噂がありますが、上川陽子さんの両親は政治家ではないので世襲議員ではありません。

    上川陽子さんの実家両親は日本電信電話公社(現在のNTT)の職員をされていて、母親も日本電信電話公社の電話交換手の仕事に就いていました。

     

    父親は日本電信電話公社(現NTT)の職員で、母親も電話交換手の仕事に従事していたという。

    引用:週刊新潮より

     

    上川陽子さんの実家両親が現役の時代、日本電信電話公社(現NTT)や国鉄などの職員は地方公務員になるよりもはるかに高給取りだったそうです。

    昭和初期の地方の人々にとって国鉄や電電公社は安定していて将来性のある人気の就職先でした。

    そのため上川陽子さんは幼少期はかなり裕福な家庭環境で育っていて、中学校や高校は静岡県内でもお嬢様学校として有名な「静岡雙葉中学校・高等学校」をでています。

     

    【静岡雙葉中学校・高校】

     

    ちなみに上川陽子さんには2歳年上の兄がいます

    上川陽子さんが71歳なので、兄は73歳ということになります。

     

    上川陽子の旧姓は竹田

    【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?

     

    上川陽子さんの両親の名字は「竹田」なので、上川陽子さんの旧姓は「竹田」と判明しました。

     

    上川氏は1953年、静岡県静岡市で竹田家の長女として生まれた。

    引用:週刊新潮より

     

    上川陽子さんは夫婦の選択別姓に賛成している議員さんですが、あまりご自身の旧姓のについては大々的に明かしていません。

    おそらく選挙地盤の地域が保守的な地域で、旧姓を積極的に利用することを「よし」と思っていない地域なのかもしれませんね。

    上川陽子の父親は笹川良一ではない

     

    一部ネット上の噂では「上川陽子の父親は笹川良一?」という情報がありますが、こちらはあくまでネット上の情報なのでデマといえるでしょう。

    上川陽子さんが笹川財団の創設者・笹川良一さんの娘といわれた理由はこちらです。

    • 上川陽子は安倍晋三元首相と仲が良かった
      ⇒笹川財団の会長・笹川陽平氏(笹川良一の息子)は「安倍内閣の最大の黒幕」といわれている
    • 麻生太郎さんの2024年2月頃の「俺たちから見てても、このおばさんやるねえと思った」「そんなに美しい方とは言わんけれども」の発言で急に有名になり、ポスト岸田有力候補といわれている
      ⇒麻生太郎氏と笹川財団は超仲良し
    • 上川陽子と笹川良一氏は顔が似ている(目が鋭く、鼻の形がそっくり)

      笹川良一さんは政治家のフィクサーといわれたほどの方です。そのため都市伝説的に「〇〇の父親」という情報が出てきてくるんですよね。(例:鳩山由紀夫さん、松本人志さんなど)

       

      上川陽子さんも2024年3月頃に「笹川良一の娘かも?」という情報がネットを駆け巡りましたが、根拠や確定的な情報は見当たりませんでした。

      ただ、あくまでのネット上の噂なので、根も葉もないデマの可能性が高いでしょう。

      スポンサーリンク

      【まとめ】【家系図】上川陽子の夫や子供は?

      今回は「【家系図】上川陽子の夫は東大同級生で娘が2人!実家両親も政治家の世襲議員?」と題してお送りしました。

       

      • 上川陽子の家系図には政治家は見当たらない
      • 上川陽子の家族構成は夫(上川卓苗)・娘2人(上川真希・上川悠希)の4人家族
      • 上川陽子の実家両親は政治家ではなく日本電信電話公社の職員(=世襲議員ではない)
      • 上川陽子は笹川良一の娘と噂されているが、あくまでもネット上のデマ

         

        静岡県知事選の差別発言が話題になっている上川陽子さん。

        経歴をみると全力で仕事と子育てに生きてきたことが分かるので、「この方を私たち女性がうまずして何が女性でしょうか」という発言が出てしまったのもなんだか納得かもしれません。

        子育ても仕事も120%で頑張ってきた上川陽子さんが、今後名誉を回復してさらに議員さんとして頑張ってくれることを期待したいですね!

        スポンサーリンク
        よかったらシェアしてね!
        • URLをコピーしました!
        • URLをコピーしました!

        この記事を書いた人

        スポンサーリンク

        コメント

        コメントする

        目次