清家あいの家族構成は夫と娘!父親は清家石材店社長で清家篤ではない!

スポンサーリンク

2024年6月2日におこなわれた東京都港区長選挙で、現職区長をおさえて女性初の当選を勝ち取った清家(せいけ)あいさん。

実は清家あいさんは港区出身港区育ちの生粋の「港区女子」!

港区にずっと住んでいるからには相当なお金持ちという感じがしますので、どんな家族構成をしているのかが気になり過ぎます!

 

この記事ではこんなことがわかります

  • 清家あいのプロフィール情報
  • 清家あいの夫は?
  • 清家あいの娘は?
  • 清家あいの父親は?
目次

清家あいのプロフィール

清家あいの家族構成は夫と娘!父親は清家石材店社長で清家篤ではない!

 

清家あいさんのプロフィール情報はこちらです。

 

名前 清家愛(せいけあい)
生年月日 1974年12月25日
年齢 49歳
星座 やぎ座
血液型 A型
出身 港区東麻布
好きなこと 家族とお話すること、文章を読むこと、書くこと、海にもぐること、旅
家族構成 夫・娘
学歴 旧区立飯倉幼稚園
飯倉小学校
青山学院中等部
青山学院高等部
青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科
所属政党 無所属
インスタグラム https://www.instagram.com/aiseike/

 

清家あいさんは1974年12月25日生まれの49歳です。

清家あいさんは大学卒業後に産経新聞の記者を経て、2011年4月に港区議会議員選挙に出馬。

5位初当選を果たし、以降は港区議の道を歩み始めます。

清家あいさんは4期13年港区議をつとめ、2024年6月2日投開票の港区長選では6期目再選を目指す現職区長をおさえて見事に当選を勝ち取りました!

 

清家あいさんは所属政党は「無所属」としていますが、共産党などの野党系政党が応援する候補のみたいですね。
スポンサーリンク

清家あいの家族構成

引用:清家あい公式サイトより

 

清家あいさんの家族構成は、夫と子供1人(娘)の3人家族です。

港区議として長年活躍し、今回港区長に選ばれた清家愛さんを支えるご家族について詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

清家あいの夫は?

清家あいの家族構成は夫と娘!父親は清家石材店社長で清家篤ではない!

 

清家愛さんは結婚して夫がいます。

残念ながら清家愛さんの夫の名前や馴れ初めなどの情報は見当たりませんが、イケメンで高身長の素敵な男性であることがわかりました。

清家愛さんの夫は2024年現在で49歳で、夫の実家は「鮨太鼓」というお寿司屋さんを営んでいました。

清家愛さんは娘が3歳の時から港区議として活動しているため、清家愛さんの夫は忙しい妻に変わって育児をこなす「イクメン」でした。

清家あいの夫は高身長イケメン

清家あいの家族構成は夫と娘の3人家族 清家あいの夫はおそらく同級生で高身長イケメンで超イクメン 清家あいの娘は「ヒカリさん」で、現在は16~17歳の高校生 清家あいの父親はネット検索すると慶応義塾塾長の清家篤さんと出てくるが、これは誤情報。清家あいの父親は(有)清家石材を営む社長さんだった

 

清家あいさんの夫は2024年現在49歳で、高身長イケメンの素敵な男性です。

 

清家あいさんよりも頭1個分背が高いことがわかりますね!清家あいさんの身長はおそらく女性平均身長(158cm)くらいなので、夫の身長は175cm~180cmくらいであると推測します。

 

清家あいさんの夫は一般人のため、残念ながら名前や職業などの詳しい情報は見つかりませんでした。

 

清家あいと夫の馴れ初めは?

清家あいさんと夫の馴れ初めは詳しくは語られていませんが、おそらく清家あいさんと夫は同級生の可能性が高いです。

その理由は、清家あいさんの公式サイトのプロフィール紹介の『中学・高校時代』で紹介されていた高校文化祭の写真に「一番左が夫、右がわたし」と書かれていたからです。

 

引用:清家あい公式サイトより

 

清家あいさんは中学より青山学院中等部に入学し、高校もそのまま青山学院高等部へと進学しています。

 

そのため夫とは中学校か高校からの同級生という可能性が考えられますね!

 

清家あいさんと夫は、出会った頃によく「竹芝桟橋」でデートをしていたそうです。

 

清家あいの夫の実家はお鮨屋さん

清家あいさんのインスタグラムの情報から、夫の実家は「鮨太鼓」というお鮨屋さんを営んでいたことがわかりました。

 

 

地元西麻布の「笄鮨」!
大将カズさんは、若い頃、夫の実家が営んでいた「鮨太鼓」で修行をされていたそうです。

引用:清家あいインスタグラムより

 

調べてみると、新宿区の市ヶ谷に「鮨太鼓」というお鮨屋さんが確認できました。

 

 

東京都内には「鮨太鼓」というお鮨屋さんはこの市ヶ谷のお店しか確認できなかったため、おそらくここが旦那さんの実家が営んでいたお鮨屋さんの可能性が高いと考えます。

 

ただ、清家あいさんのインスタグラムには「夫の実家が営んでいた」という過去系の表現がされています。

市ヶ谷にある「鮨太鼓」は2024年現在も営業しているため、もしかしたらここではない違うお鮨屋さんか、代替わりして誰かに譲ったなどの可能性が考えられますね。

清家あいの夫は超イクメン!

清家あいさんの娘が小さい頃、妻で母親の清家愛さんに代わって娘の面倒を見ていたのは夫でした。

 

妻に変わって育児をこなすなんて超イクメンですね!!

 

清家あいさんのオフィシャルブログには「旦那のイクメン講座」というカテゴリーが作られていて、清家あいさんの夫が幼少期の娘とお出かけした場所などの情報がたくさん載っていました。

 

清家あいさんの娘はたくさん遊んでくれるパパのことが大好きで、パパっ子として育ちます。

あまりにも清家あいさんの夫がイクメンすぎるので、夫の弟からは「アニキがイクメンだから、嫁に比較されて困ってる」と
苦情うけることもあったそうですよ(笑)

スポンサーリンク

清家あいの娘は?

 

清家あいさんと夫の間には娘が1人いて名前は「ヒカリ」さんです。

清家あいさんの娘は2007年生まれで、2024年現在は16歳の高校生です。

清家あいさんの娘は幼稚園受験をしていることが判明しているので、東京都内の幼稚園から併設している私立学校に通っている可能性が高いでしょう。

 

ちなみに清家あいさんは青山学院の出身です。(夫も)

青山学院は幼稚園から大学まで完備されているので、娘も青山学院に通っている可能性は高いのではないでしょうか!

 

清家あいさんの娘は高校で美術部に所属していて、清家あいさんや夫は娘の高校の文化祭に訪れて娘が頑張っている姿を「可愛かった」と大絶賛しています。

 

娘の学校の文化祭もあって、パパと行ってきました。美術部で一生懸命働く娘の姿が可愛かった。全体的に文化祭のレベルが高くてびっくりでした。

引用:清家あいインスタグラムより

 

清家あいさんは、娘からSNSの運用方法を教えてもらっているんだとか!家族一丸となって清家あいさんを支えていることがわかりますね!

 

スポンサーリンク

清家あいさんの父親は?

清家あいの家族構成は夫と娘の3人家族 清家あいの夫はおそらく同級生で高身長イケメンで超イクメン 清家あいの娘は「ヒカリさん」で、現在は16~17歳の高校生 清家あいの父親はネット検索すると慶応義塾塾長の清家篤さんと出てくるが、これは誤情報。清家あいの父親は(有)清家石材を営む社長さんだった

引用:清家あい公式サイトより

 

清家あいさんの父親を検索すると「慶応義塾塾長・清家篤」と出てきますがこちらの情報は間違いです。

 

清家あいの家族構成は夫と娘!父親は清家石材店社長で清家篤ではない!

清家篤

 

清家あいさんの父親は港区東麻布にある「(有)清家石材店」を営んでいた社長さんで、2008年の清家あいさんの娘が3か月くらいの頃に肺がんでお亡くなりになっています。

 

 

(有)清家石材店

住所:港区東麻布2-24-9

 

清家あいさんは父親のことを公式サイトで以下のように話しています。

 

清家あいの父親はこんな人

  • 義理人情に厚くちゃぶ台ひっくり返すような「昭和」のお父さん
  • 飯倉小学校では父がPTA会長をして
  • 父が「猟友会愛宕支部」に入っていた

 

清家あいさんの父親は、石材店を営みながら子供の学校活動や地域の猟友会に所属するアクティブな父親だったことがわかりますね!

 

スポンサーリンク

【まとめ】清家あいの家族構成は夫と娘!父親はどんな人?

今回は「清家あいの家族構成は夫と娘!父親は清家石材店社長で清家篤ではない!」と題してお送りしました。

 

  • 清家あいの家族構成は夫と娘の3人家族
  • 清家あいの夫はおそらく同級生で高身長イケメンで超イクメン
  • 清家あいの娘は「ヒカリさん」。現在は16~17歳の高校生
  • 清家あいの父親はネット検索すると慶応義塾塾長の清家篤さんと出てくるが、これは誤情報。清家あいの父親は(有)清家石材を営む社長さんだった

 

2024年6月2日の投開票で見事に女性初の港区長に選出された清家あいさん。

港区生まれ港区育ちの「リアル港区女子」の区長として今後注目されていきそうですね。

     

    スポンサーリンク
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントする

    目次